/

この記事は会員限定です

少量火薬使用の製品開発、審査簡素化で後押し 経産省

[有料会員限定]

経済産業省は少量の火薬を使った製品の審査手続きを簡素にするなど、65年ぶりに火薬関連法制を見直す。事故を起こすリスクが小さい製品については企業の負担を軽減することで、火薬を使った新製品の開発を後押しする。

火薬類取締法は1950年制定。爆薬や火薬を使った製品の製造、販売、運搬ルールを包括的に定めている。技術の進歩や安全性能の強化で実態に合わなくなった規制も増えたため、2015年度中にも関連する省令...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン