/

この記事は会員限定です

敦賀2号機の直下に「活断層」 規制委、19日に評価書案

[有料会員限定]

原子力規制委員会は19日、日本原子力発電の敦賀原発(福井県)敷地内にある断層に関する有識者会合を開き、2号機の直下などを走る断層を「活断層」と再認定する評価書案を示す。昨年5月に同じ内容の認定を下しているが、原電の反論を踏まえて見直す必要があるか再検討していた。原電が示した追加データを考慮しても活断層の認定は覆らないと判断した。

今後、評価書案の検証作業などを経て正式決定する。直下に活断層がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン