/

女性の高齢者が初の3割超 65歳以上、最多更新

敬老の日を前に総務省が18日発表した人口推計によると、女性の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合が9月15日時点で30.1%となり、初めて3割を超えた。男性は24.3%。男女を合わせると前年から0.6ポイント増の27.3%だった。65歳以上人口は73万人増の3461万人で、割合、人数とも過去最高を更新した。

女性の総人口に占める65歳以上の割合は2001年に20%を上回り、09年に25%を超えた。

今年の65歳以上人口は、女性が前年より38万人増えて1962万人、男性は35万人増の1499万人だった。後期高齢者医療制度の対象となる75歳以上は1697万人で総人口の13.4%。女性が1037万人、男性は660万人だった。

推計は、15年国勢調査の人口速報集計を基に、その後の出生・死亡者数から算出した。

日本の高齢者の割合は欧米主要6カ国との比較でも最も高く、22.7%のイタリア、21.4%のドイツを上回った。1995年以降の伸び幅も日本は12.7ポイントに達した。イタリアの6.2ポイント、ドイツの6.0ポイントを大きく引き離しており、日本の高齢化が急速に進んでいることを改めて示した。

また労働力調査によると、15年に職に就いていた高齢者は730万人と12年連続で増え、過去最多を更新した。約半数の360万人が企業などに雇用されていて、このうち74.2%に当たる267万人がアルバイトやパートといった非正規雇用だった。

就業率は21.7%で、米国18.2%、カナダ12.8%を上回るなど、欧米6カ国より高かった。男女別では男性が30.3%、女性が15.0%だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン