/

この記事は会員限定です

高齢者の運転支援、事故防止へ「規格」 政府が新設

[有料会員限定]

政府のIT総合戦略本部(本部長・安倍晋三首相)は高齢ドライバーによる事故を防ぐため、「高度安全運転支援車」(仮称)の概念を新設する。春にIT本部がまとめる高度道路交通システム(ITS)などの普及に向けた工程表に盛り込む方針だ。自動運転技術を活用し、ドライバーに異常が起きた際に自動で路肩に駐車する機能などを搭載した車を2025年までに普及させる。

高度安全運転支援車には、自動ブレーキを応用し、高齢ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン