/

この記事は会員限定です

地方圏、23年連続マイナス 増税が地価回復に影響

[有料会員限定]

2015年の公示地価は三大都市圏が2年連続で上昇したものの、地方圏は23年続けてマイナスとなった。地方も下げ幅は縮小したが、企業の撤退などで経済活動が停滞する地域も少なくないためだ。昨年4月の消費増税で住宅投資が落ち込んだことも地価の回復にブレーキをかけた。

人口が20万人を割り込む甲府市は、中心部の商業地の地価が2.5%下落した。昨年秋に近隣の半導体工場などが閉鎖して約600人の雇用が失われ、地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン