/

首相「景気回復の風を全国へ」 桜を見る会であいさつ

(更新)

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」が18日午前、満開の八重桜が残る東京・新宿御苑で開かれた。首相は「賃上げは昨年を上回る状況で、景気回復の暖かい風を全国津々浦々に届けるのが使命だ。そのために地方創生を力強く進めていく」とあいさつ。禅僧・良寛の「世の中は桜の花になりにけり」という句を引き「日本全体がこんな気分になるよう頑張っていきたい」と話した。

政財界や芸能界などからの招待者約1万5千人が出席。首相はNHK連続テレビ小説「まれ」のヒロイン役の土屋太鳳さんやアイドルグループ乃木坂46のメンバーらと歓談し、笑顔で写真撮影に応じていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン