衆院憲法審、1カ月ぶり再開 森会長「主体性持ち議論」

2017/5/18 10:17
保存
共有
印刷
その他

衆院憲法審査会は18日午前、約1カ月ぶりに議論を再開した。安倍晋三首相が2020年の新憲法施行をめざすと発言して以降、初めての開催。森英介憲法審査会長は冒頭、「憲法改正の発議権を有するのはあくまで国会。主体性をもって与野党で丁寧な議論を進める」と語り、年限に縛られず議論していく考えを表明した。

民進党の中川正春氏は首相発言に関し「国会の立法権を著しく侵害し、議事の混乱を引き起こす行為だ」と撤回を…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]