安倍首相とトランプ氏の会談始まる

2016/11/18 7:24
保存
共有
印刷
その他

17日、警備員らが玄関に立つニューヨークのトランプタワー。安倍首相とトランプ氏の会談の会場となる=AP

17日、警備員らが玄関に立つニューヨークのトランプタワー。安倍首相とトランプ氏の会談の会場となる=AP

【ニューヨーク=地曳航也】安倍晋三首相は17日午後5時(日本時間午前7時)前、トランプ次期米大統領の住居があるニューヨーク市内のトランプタワーを訪れ、トランプ氏と会談した。日本の首相が就任前の次の米大統領と会談するのは異例。トランプ氏は大統領に決まった後、外国の首脳と電話協議はしているが、実際に会談するのは首相が最初になる。

首相はペルーで開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に向かう途中でニューヨークに立ち寄った。各国首脳に先駆けていち早く顔を合わせることで、個人的な信頼関係を築くことをねらう。

首相は会談で、トランプ氏が大統領選で見直す姿勢を見せていた日米同盟の重要性を確認したい考え。トランプ氏が撤退する考えを示している環太平洋経済連携協定(TPP)を含む自由貿易体制は米国にとっても利益があると強調して理解を求めるとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]