2019年7月18日(木)

原子力規制委退任の島崎氏、電力会社の姿勢は変わりつつある

2014/9/18付
保存
共有
印刷
その他

原子力規制委員会の委員を務めた島崎邦彦、大島賢三の両氏が18日、任期満了に伴う退任会見を開いた。島崎氏は「(姿勢が)変わりつつある事業者がないわけではない」と述べ、東京電力福島第1原発事故後の電力会社の安全対策に一定の評価を示した。大島氏は規制委の課題として「(電力会社などとの)コミュニケーションの改善」を挙げた。

両氏は2012年9月の規制委発足の際に委員に就任した。原発の地震・津波対策の審査などを担当した島崎氏は「(審査が)厳しいというご意見はたくさんいただいたが、私からみて厳しいところは一つもない。当たり前のことをしてきただけだ」と振り返った。

元外交官の大島氏は海外の規制当局との協力強化などを担当した。福島の事故を踏まえた日本の新たな原発規制について「骨格ができ、軌道に乗り始めた」と評価。「(海外の関係者も)ポジティブに見ていると申し上げてよいのではないか」と語った。

両氏の後任として19日に日本原子力学会元会長の田中知氏と日本地質学会元会長の石渡明氏が規制委の委員に就任する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。