/

みずほ、男性の育休取得率100%に 18年度目標

みずほフィナンシャルグループは2018年度に男性の育児休業の取得率を100%にする。現在は出産から満2歳までの間に申請すれば男女問わず育休を取得でき、生後8週間までは5日間まで有給扱いとしている。ただ取得率は15年度で1.5%と低迷しており、在宅勤務なども進め子育てしやすくする。

みずほは17日、新たな人材運営施策を公表。育休取得を事実上義務付ける目標を設けた。

女性や外国人の働きやすさも高める。16年3月時点で20%だった国内の女性管理職(係長相当職以上)比率は19年7月に政府目標(25%)を上回る30%に増やす。海外拠点で採用した外国人の管理職比率は32%から50%とする。性的少数者(LGBT)には相談窓口を設ける。

人事評価も見直し「失敗体験からの学び」を評価に加え、支店長など重要ポストに30歳代の若手を登用する。40歳代から経営層や各分野のリーダーを育成するプログラムも始める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません