/

財務相、増税延期提言「見解違う」

麻生太郎財務相は17日の参院財政金融委員会で、ノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授が安倍晋三首相に来年春の消費増税の先送りを提言したことについて、「私どもとは見解が違う」と述べた。民主党の大久保勉氏への答弁。

麻生氏は「リーマン・ショックのようなものが起きない限り実施する」と従来の答弁を繰り返し、予定通り来年4月に10%に引き上げるべきだという考えを示した。スティグリッツ氏は16日の国際金融経済分析会合で増税延期を主張していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン