2018年8月19日(日)

18歳選挙権 成立へ 与野党、来週にも法案提出

2015/2/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる公職選挙法改正案が今国会で成立する見通しとなった。共産、社民両党を除く与野党各党が共同で来週にも衆院に法案を提出する。改正法は公布から1年後に施行され、来年夏の参院選など最初に実施される国政選挙から適用される見通しだ。その後、知事選などの地方選挙に順次導入される。

 選挙権年齢の引き下げが実現すれば、1945年に「25歳以上」を現行の「20歳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報