/

福島県知事、経産相に福島第2原発の廃炉要請

福島県の内堀雅雄知事は17日、経済産業省を訪れて宮沢洋一経産相と会談した。内堀氏は「福島第2も含めた県内原発の全基廃炉を頭に置いて(政策を)進めてほしい」と述べ、東京電力福島第2原発の廃炉を改めて要請した。宮沢経産相は「まずは東電の判断」と述べるにとどめた。

内堀氏が宮沢経産相と会うのは12日の知事就任後初めて。東電は事故を起こした福島第1原発の廃炉をすでに決めているが、第2原発には明確な方針を示していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン