/

この記事は会員限定です

生前退位へ論点8項目 有識者が初会合

[有料会員限定]

政府は17日、天皇陛下の生前退位をめぐる有識者会議の初会合を首相官邸で開いた。退位実現に向け、一代限りの特例法を軸に検討し、年明けにも論点を整理し公表する。座長に就任した経団連の今井敬名誉会長は専門家から意見聴取するテーマとして象徴天皇制のあり方に関わる8項目の論点を提示した。ただ女系・女性天皇や「女性宮家」創設は今回、論点としない考えを示した。

安倍晋三首相は初会合で「今上陛下が現在82歳と高齢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン