/

この記事は会員限定です

働き方改革、労使で協議 春季交渉へ経団連指針

[有料会員限定]

経団連は17日、春季労使交渉に向けた経営側の指針を公表した。電通の過労自殺問題などを踏まえ、働き方改革の推進を労使で協議するよう求めた。基本給は変えずに所定内労働時間を短くする「時短労働」や女性活躍に向けた配偶者手当の縮小などを具体策として示した。4年連続となる賃上げを会員企業に呼びかける一方、ベースアップ(ベア)には慎重姿勢をにじませた。

春季交渉は、経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません