/

この記事は会員限定です

攻めの農業 1年で具体化 自民合同会議がTPP対策

[有料会員限定]

自民党は17日、農林関係の合同会議を党本部で開き、環太平洋経済連携協定(TPP)の農業対策「農政新時代」をまとめた。政府が月内に作成するTPP政策大綱に盛り込む。来夏の参院選をにらみ、まず農家の不安を和らげる保護策を先行させた。輸出促進など「攻め」の対策は来秋まで1年かけて具体化する。大規模化を促す政策などが焦点になる。

対策の副題は「努力が報われる農林水産業の実現に向けて」。「TPP大筋合意を受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン