/

市街地のバス会社を新会社で統合 鉄道・運輸機構が方針

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は17日の財政投融資分科会で、財政投融資を活用した市街地のバス路線の再編などについて議論した。複数あるバス会社の市街地での経営を統合する新会社をつくり、経営の効率化を目指す方針を鉄道建設・運輸施設整備支援機構が示した。

バス会社の経営をめぐっては、複数のバス会社が市街地に乗り入れることで中心部の路線が飽和状態になり、過当競争が起きているという指摘があった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン