/

この記事は会員限定です

早期解散、働き方改革に影響も 国会審議見通しにくく

[有料会員限定]

安倍晋三首相が早期に衆院を解散するとの見方が強まり、経済政策にも一定の影響が及びそうだ。安倍政権が成長戦略の柱と位置づける働き方改革の関連法案は国会審議が遅れる可能性が出てきた。選挙をにらみ、与党から歳出圧力が強まる懸念もある。教育無償化などの目玉政策は、安倍首相が求心力を維持できるかに大きく左右される。

すぐに影響が出そうなのが働き方改革だ。政府は28日に召集予定の臨時国会に労働基準法や労働契...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン