/

この記事は会員限定です

CATVが全国共通ID 2600万世帯対象

通販・決済など活用

[有料会員限定]

全国のCATV会社約370社が加入する日本ケーブルテレビ連盟は、CATVを使っている2600万世帯に共通IDを付与する。事業者はIDを通じてサービスの課金・決済機能を共有し、テレビ通販やインターネットを使った新サービスを展開する。CATVを通じたサービスを充実して利便性を高め、事業環境の向上をめざす。

「ケーブルID」と呼ぶ共通のIDを導入する。IDは連盟が運営するシステムで管理し、事業者がCAT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン