/

総務次官に桜井氏起用

政府は17日、総務省の大石利雄事務次官が退任し、後任に桜井俊総務審議官を充てる人事を固めた。桜井氏は旧郵政省出身で、同省出身者が次官に就任するのは3年ぶり。閣議での承認を経て、今月末に発令する見通し。

桜井氏は情報通信分野が長く、NTT再編など通信事業の自由化に取り組んだ。政府はIT(情報技術)の活用による地方創生など経済成長の実現に力を入れる考えで、同氏の手腕を生かす。

桜井 俊氏(さくらい・しゅん)77年(昭52年)東大法卒、旧郵政省へ。総務省情報通信国際戦略局長、13年総務審議官。群馬県出身、61歳。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン