/

この記事は会員限定です

クールビズ論争に一石 「室温28度は暑い」政府会議で指摘

[有料会員限定]

夏の到来を前に、オフィスの室温をめぐる議論が熱を帯びている。クールビズでエアコンを28度に設定する企業は多いが、政府内の会議で「暑すぎる」との声が上がったのをきっかけに論争に発展。「室温引き下げ派」は仕事の効率低下などを主張し、温暖化防止を旗印にしてきたクールビズに一石を投じている。

東京都心が今年最高の28.3度に達した12日、大手メーカーに勤める30代男性は汗だくになりながら顧客と向かい合った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン