/

この記事は会員限定です

米閣僚「東芝の安定が重要」 世耕経産相と会談

[有料会員限定]

【ワシントン=八十島綾平】訪米中の世耕弘成経済産業相は16日午後(日本時間17日未明)、米トランプ政権の経済閣僚と初会談した。東芝の再建問題について、日米両政府でまず緊密に情報交換することで合意。商務省のロス長官とエネルギー省のペリー長官は「東芝の原発子会社のウエスチングハウス(WH)は、米国で原子力発電所を建設している。東芝の財政的安定性は米国にとっても非常に重要だ」と言及した。

世耕氏は米国側の求...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン