GDPの名実逆転、17年ぶり解消 14年、幅広いモノの価格上昇

2015/2/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内閣府が16日に発表した2014年の国内総生産(GDP)によると、物価の総合的な動きを示すGDPデフレーターは前年比1.6%上昇した。プラスになったのは1997年以来17年ぶりで、マイナス基調が続いていた国内物価に上昇の機運が出てきた。名目成長率が実質成長率を下回る「名実逆転」も解消した。政府が目指すデフレ脱却が一歩近づいた格好だ。

GDPデフレーターは個人消費や設備投資、輸出入など、経済活動全…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]