/

この記事は会員限定です

統幕幹部が非公表指示 日報、陸幕長も保管把握

[有料会員限定]

南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報を廃棄したと説明しながら、陸上自衛隊が保管していた問題で、陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長に保管の事実が報告されていたことが分かった。陸自は一時、公表することを検討したが、統合幕僚監部の幹部が保管の事実を非公表とするよう指示していたという。複数の政府関係者が16日、明らかにした。

稲田朋美防衛相は特別防衛監察で幕引きを狙うが、野党側は組織ぐるみの隠蔽とみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン