/

細野氏が改憲見解作成へ 民進内の議論喚起狙う

民進党の細野豪志代表代行は16日、自らが率いるグループの会合で「憲法の論点を議論しよう」と述べ、憲法改正に関する見解を取りまとめる意向を表明した。今春をめどに改憲私案の策定を目指すとみられる。安倍政権下での改憲に消極的な党内において、憲法論議を活発化させる狙いがありそうだ。

細野氏は党内で改憲論者として知られる。この日、国会内で開かれた会合では、大災害時などの緊急時における国会議員の任期延長や、地方自治制度を具体的な論点として挙げた。日本維新の会が改憲項目に掲げる「教育無償化」も研究課題に加える。

細野氏のグループは15人。これまでは一部メンバーで見解作成に向けた準備を進めていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン