/

この記事は会員限定です

TPP12カ国交渉が足踏み 新薬保護期間で対立

[有料会員限定]

【ワイコロア(米ハワイ)=中野貴司】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の参加12カ国は米ハワイ州で開いた会合で難航する知的財産分野の合意を持ち越した。先進国と新興国の対立が解けない中で、主軸となる日米の早期妥結が、全体交渉を進める上でも急務になっている。

12カ国の首席交渉官は現地時間15日(日本時間16日)まで開いた会合で3日間にわたり知財を取り上げ、各国の担当者に早期の取りまとめを求めた。知財...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り787文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン