原電分社、官主導には慎重論 原発事業再編へ思惑も

2015/1/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本原子力発電の分社化は、原発事業の再編を進めたい政府の思惑が背景にある。2016年以降の電力小売りの全面自由化により、電力会社の経営環境は厳しくなる見通し。各社がバラバラに原発を運営する今の体制は維持できない恐れもあるが、官主導の再編には慎重論も根強い。

原発政策を所管する経済産業省は昨年末、原発を運営する体制の効率化を促す方針を示した。電力自由化で電力各社の経営体力がそがれると、原発にかかわ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]