/

この記事は会員限定です

原電分社、官主導には慎重論 原発事業再編へ思惑も

[有料会員限定]

日本原子力発電の分社化は、原発事業の再編を進めたい政府の思惑が背景にある。2016年以降の電力小売りの全面自由化により、電力会社の経営環境は厳しくなる見通し。各社がバラバラに原発を運営する今の体制は維持できない恐れもあるが、官主導の再編には慎重論も根強い。

原発政策を所管する経済産業省は昨年末、原発を運営する体制の効率化を促す方針を示した。電力自由化で電力各社の経営体力がそがれると、原発にかかわる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン