/

この記事は会員限定です

日ロ双方、譲歩探る 北方領土に共同統治案

[有料会員限定]

日本政府が北方領土問題の打開のため検討している共同統治案は、日ロ双方の従来の主張を維持したまま「引き分けによる解決」(プーチン大統領)を探るぎりぎりの方策といえる。共同統治下でロシア側にどの程度、施政権を認めるかにより、現状追認になるリスクもはらむ。共同統治の前例は少ない。実現に向けた課題は多く、交渉は長期化する可能性もある。

日本政府は北方領土問題を巡り、4島の帰属に関する問題を解決して平和条約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン