/

この記事は会員限定です

遺伝子検査、政府は法規制を検討

[有料会員限定]

政府は個人向け遺伝子検査ビジネスに法規制を検討する。検査施設に認可制を導入し、設備や人員、作業手順が基準を満たさない場合は検査を認めない方針。遺伝子検査の結果をもとに採用や医療保険加入の可否を決めることも禁止する。悪用を防いで安心して検査を受けられるようにする狙いだが、民間の自主ルールに加えて政府が法規制をかけることは議論を呼ぶ可能性がある。

厚生労働省が月内にも内閣官房、文部科学省、経済産業省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン