/

稲田氏ら3人が1億円超 新10閣僚資産公開

第3次安倍再改造内閣で新たに入閣した稲田朋美防衛相ら10閣僚が16日、8月の就任時の保有資産を公開した。家族分を含めた総資産は稲田氏が1億8178万円で最多となった。山本有二農相が1億7643万円、山本幸三地方創生担当相が1億2420万円で続き、この3人が1億円を超えた。10人の総資産平均は8512万円だった。

閣僚本人の平均は4018万円で、家族の資産が総資産を引き上げる要因となった。対象外の安倍晋三首相と留任閣僚(閣内異動含む)が就任時に公表した分を合わせた内閣全体の総資産平均は9679万円。

トップの稲田氏は、地元の福井市に加え、東京都内に複数の不動産を持ち、計1億7055万円に上った。

一方で「不動産投資などのため」(事務所)として、夫婦で計2億9800万円の借入金があり、資産を上回った。

山本有二氏は、高知県須崎市や東京都渋谷区などに複数の不動産を所有するほか、定期預金で2132万円を保持。妻も別荘地として知られる山梨県山中湖村などに不動産を持つほか、4496万円の有価証券があった。

家族分を含めると、新閣僚のうち7人が株式を保有。資産には計上されないが、稲田氏は夫が上場企業をはじめとする41銘柄計26万株を持っていた。

最も少なかったのは、2759万円の松野博一文部科学相だった。

再改造に伴い退任した前閣僚10人の資産も公開された。いずれも在任中に顕著な増減はなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン