経済統計、財務相が「精緻化」提案 増税悪材料排除の思惑も

2015/10/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

麻生太郎財務相は16日の経済財政諮問会議で、消費や賃金といった経済統計の精度を高めるよう提案した。雇用環境の改善にもかかわらず賃金が伸び悩むなど、指標の間でちぐはぐな動きがでて景気の実像をつかみづらいためだ。実態以上に悪い指標が出て、財政出動や減税を求める声が出るのを抑える思惑もありそうだ。

財務相が「精緻化」が必要な例として挙げたのは、総務省がまとめる「家計調査」だ。約8千世帯に毎月家計簿をつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]