PFI、20万人以上の自治体で原則化 諮問会議が提案へ

2015/5/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済財政諮問会議の民間議員は19日、人口20万人以上の自治体で上下水道や空港などを整備・運営する際にPFI(民間資金を活用した社会資本整備)の導入を原則とする提案をする。国運営の空港などの運営権の売却は、2022年度までに事業規模で12兆円とする現行目標を引き上げる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]