/

民進国対委員長、法相不信任案提出を明言

民進党の山井和則国会対策委員長は16日午前の記者会見で、衆院への金田勝年法相の不信任決議案提出について「出さないという選択肢はあり得ない」と語った。「共謀罪」の趣旨を盛り込む組織犯罪処罰法改正案の審議を巡り「閣僚が説明できない法案を強行採決することはあり得ない」と強調。18日の衆院本会議での可決を目指す与党をけん制した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン