金利上昇時の含み損、日本国債は大きく 財務省試算

2016/10/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は各国の金利が上昇した場合に民間金融機関などが抱える含み損の試算をまとめた。日本国債の含み損は米国と比べて3倍、ドイツの5倍と推計した。価格変動が大きい超長期国債の発行割合が高く、発行残高も多いことが影響した。政府内には日銀の異次元緩和に合わせ、超長期債を増発すべきだとの声があり、2017年度の国債発行計画の焦点になる。

財務省が17日に開く「国の債務管理の在り方に関する懇談会」で試算を示…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]