/

この記事は会員限定です

ウナギ稚魚、養殖量制限へ 日中韓台が対策会議

[有料会員限定]

日本、中国、韓国、台湾は16日、絶滅が心配されるニホンウナギの資源管理対策を話し合う会議を都内で開いた。進行役を務める農林水産省の宮原正典顧問は会合後、記者団に「17日に対策で合意できそうだ」と述べた。業者がウナギの稚魚を養殖池に投入する量に制限をかけて管理する内容で一致する見通しだ。水産庁は11月から業者に届け出を義務づける。

会議は17日まで開く。スーパーの店頭などに並ぶ「養殖うなぎ」は稚魚を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り224文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン