/

首相、17日から訪米 ペルー・アルゼンチンにも

菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、安倍晋三首相が17日から23日の日程で米国、ペルー、アルゼンチンを訪問すると発表した。ニューヨークで17日にトランプ次期米大統領と会談。ペルーではアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するほか、ロシアのプーチン大統領と会談する予定だ。

菅氏はトランプ氏との会談に関し「他国に先駆けて直接首脳同士で会談することは極めて大きな意義がある」と指摘。「1回目の会談なので個人的な信頼関係を構築することに主眼が置かれるだろう」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません