/

この記事は会員限定です

みずほ、VB投資に100億円ファンド リスクマネー供給

[有料会員限定]

みずほ銀行はベンチャー企業向けに100億円規模の投資ファンドを新設する。創業間もない企業には資金を貸しづらい面があるが、リスクマネーの供給で成長を後押しする。日銀が導入したマイナス金利政策の影響で収益が圧迫される中、融資先の拡大に加え、新規株式公開(IPO)時の助言や事務代行による手数料収入の増加を狙う。

みずほキャピタル、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券が総額100億円を出資し、資金需要のある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン