/

この記事は会員限定です

政投銀トップに新潮流? 初の生え抜き、26日に昇格

[有料会員限定]

政府系金融機関の代表格である日本政策投資銀行の社長に柳正憲副社長(64)が26日昇格する。旧大蔵省(現財務省)次官OBの指定席だった政投銀トップだが、最近は2代続けて民間人が就いた。今回も民間人の起用が予想されたが、ふたを開ければ、初の生え抜き組昇格という展開になった。政官民にどんな力学が働いたのか。

6月4日、政投銀の橋本徹社長(80)と柳副社長は首相官邸に向かった。菅義偉官房長官に改正日本政策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1011文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン