/

南スーダンPKO撤収で物品27億円分無償譲渡

政府は16日の閣議で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の撤収にあわせ、陸上自衛隊が使用していた重機や車両など約27億円分の物品を国連南スーダン派遣団(UNMISS)に無償で譲渡することを決めた。施設部隊がすべて撤収する今月下旬に引き渡す。

国連から要請があった。物品はブルドーザーやパワーショベルなど作業機材のほか、小型トラック、発電機、貯水タンク、天幕など。

政府は3月に南スーダンPKOからの撤収を決めた。既に部隊の帰国は始まっており今月27日に最後の部隊が帰国する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン