/

この記事は会員限定です

文化庁の一部機能を京都に 長官常勤、文化財保護部署も

[有料会員限定]

政府は15日、政府機関の地方移転で、文化庁の機能の一部を京都に移す方針を固めた。文化庁長官を常勤させ、文化財保護の関係部署も段階的に移転する方向。消費者庁も徳島県への移転を試行する。参院選を前に地方創生の一環として成果を打ち出したい考えだが、本格移転には政府内に慎重論が根強い。

政府が3月末までにまとめる政府機関移転に関する基本方針に文化庁の京都移転を明記する。

石破茂地方創生相は15日の閣議後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン