すべての野菜で関税撤廃 TPP、カボチャなど即時

2015/10/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環太平洋経済連携協定(TPP)で主要な野菜約100品目にかかる輸入関税がすべて撤廃されることが15日分かった。ジャガイモやカボチャ、ブロッコリーなどは協定発効後すぐに関税をなくすほか、タマネギは6年目になくす。消費者に恩恵が及ぶほか、海外産の野菜を使う外食産業にも追い風になる。ただ攻勢を受ける国内の農家には不安が広がっている。

野菜の関税撤廃は農林水産省が15日に札幌市で開いた意見交換会で明らか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]