/

この記事は会員限定です

日本産食材を海外料理店に 農水省、17年度に紹介サイト

[有料会員限定]

農林水産省は海外にある日本料理店に日本の食品や生鮮品を紹介するインターネットサイトを2017年度に開設する。閲覧すれば日本の産品が簡単に手に入るようにする。政府系金融機関などが手掛ける既存の支援策とも連携し、海外で日本食レストランの普及につなげる。

健康志向を背景に世界の日本食レストラン数は15年夏時点で約8万9000カ所と、13年の1.6倍に増えた。アジアが5割、北米が3割を占める。ただ、輸入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン