首相、賃上げ4年連続要請へ 「少なくとも前年並み」

2016/11/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は来年の春季労使交渉で「少なくとも前年並み」の賃上げをするよう経済界に要請する方針だ。16日の「働き方改革実現会議」で表明し、経団連の榊原定征会長も前向きに検討する考えだ。首相が賃上げを呼びかけるのは4年連続。当初は16年を上回る水準を求める方向だったが、企業収益が昨年より減少するのを踏まえて一定の配慮を示す。

第2次安倍政権発足後、首相は経済界、労働界のトップが集まる「政労使会議」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]