/

この記事は会員限定です

みずほとソフトバンク、AI活用融資で提携

11月に新会社設立

[有料会員限定]

みずほ銀行とソフトバンクは15日、人工知能(AI)を活用した個人向け融資事業を始めると発表した。11月に合弁会社を設立し、2017年前半に新事業を始める予定という。融資の審査にAIを活用し、潜在需要の掘り起こしやコスト削減を進める。

みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は記者会見で「日本の金融機関として初の試み。個人ローンの世界を変革したい」、ソフトバンクグループの孫正義社長は「AIで未来の稼ぐ力を予測し、(顧客の)夢をかなえる応援ができ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン