パックご飯を配布 農水省、クルーズ船で来日の中国人客に

2017/8/15 17:04
保存
共有
印刷
その他

農林水産省は15日、クルーズ船で来日する中国人旅行客に電子レンジで温めて食べる「パックご飯」を無償で配ると発表した。今月下旬から年末まで、上海―九州を結ぶ船舶の中で合計3万5千食を提供する。国産米の品質の高さを訴え、輸出拡大につなげる。

船内では中国国内でパックご飯を買える店舗などを記したリーフレットや、ご飯にかけるふりかけなども用意する。

中国は日本の農林水産物に対し厳格な検疫を課している。コメの場合は神奈川県にある薫蒸倉庫で殺虫処理した精米でなければ輸入を認めていない。2016年の日本からの中国本土向けコメ輸出量(パックご飯を除く)は375トンと、最大市場の香港向けの9分の1程度。パックご飯には厳しい検疫はない。

中国のコメの年間消費量は日本の約20倍。タイやベトナムなどから毎年数百万トンのコメを輸入しており、輸出先としての潜在力は高い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]