/

民進2議員が離党届 新党結成へ細野氏と連携

民進党の笠浩史、後藤祐一両衆院議員は15日昼、党本部で大島敦幹事長に離党届を提出した。13日に離党届を出した鈴木義弘衆院議員を含む3人は、すでに離党した細野豪志元環境相が立ち上げたグループに所属。細野氏は小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員と新党結成へ協議を重ねており、笠氏は記者団に「当然連携しながらやっていきたい」と述べた。

笠氏は神奈川9区で当選5回、後藤氏は神奈川16区の当選3回。蓮舫前代表らが進めた共産党などとの野党共闘に不満を強めていた。笠氏は提出後「自民党に対抗できる勢力をもう一度つくっていかないといけない」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン