トップ > 特集 > 衆院選2014 > 選挙分析 > 記事

投票率、8県で50%割れ 悪天候も影響

2014/12/15 13:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今回の衆院選の投票率は、東京都を除く46道府県で過去最低を記録した。急な解散・総選挙で候補者が少なく、有権者の関心が低かったことに加え、投票日を含む週末に日本海側を中心に寒波に見舞われたことも追い打ちをかけた。青森など8県で小選挙区の投票率が50%を割り込んだ。

投票率が最も低かったのは青森県の46.83%でこれを含めて計8県で50%に届かなかった。小選挙区の投票率が最も高かった島根県も59.2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]