/

民主、代表選で立て直し 海江田氏が落選・辞任へ

(更新)
党本部に入る民主党の枝野幹事長(15日午前、東京・永田町)

民主党は15日夜、党本部で臨時党役員会を開き、落選したため辞任する海江田万里代表の後任を選ぶ代表選の実施時期などを協議する。海江田氏は同日午前、都内で枝野幸男幹事長と会談し、党代表を辞任する意向を伝えた。午後の記者会見で正式に表明する。

代表が任期途中で欠けた場合の代表選には、国会議員が両院議員総会で選出する方法と、党員・サポーターらと国会議員の投票で決める方式がある。党員・サポーターが参加する場合は準備期間が必要なため、年内に実施できない可能性がある。枝野氏は15日午前、国会内で記者団に「海江田代表の意向を聞いた上で今後の段取りを決めたい」と述べた。

複数の候補が出馬した場合、来春の統一地方選に向けた党の立て直しや、他の野党との再編構想についての姿勢が焦点になる見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン