/

この記事は会員限定です

選挙のワナ 先送り誘発、再考の時

税金考(2)

[有料会員限定]

「また先送りですか」。保育事業大手、ポピンズの中村紀子最高経営責任者(CEO)が安倍政権に怒っている。年収103万円以下の専業主婦世帯などの税金を軽くする配偶者控除の見直し先送りが固まったためだ。

人手不足なのに

パートで保育士として働く主婦は秋口になると「103万円の壁」を超えないよう労働時間を減らす。人手不足時代に弊害が大きい制度だ。「今年はやらないといけないよな。毎回先送りじゃ、やる気がないと思われる」。安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン