/

この記事は会員限定です

中国軍艦が領海侵入 鹿児島沖、政府は「懸念」伝達

[有料会員限定]

15日午前3時半ごろ、中国海軍の情報収集艦1隻が鹿児島県口永良部島の西で日本の領海に入ったのを海上自衛隊のP3C哨戒機が上空から確認した。中国海軍の艦船が領海に侵入するのは2004年以来、12年ぶり。

南西諸島海域では17日まで日米印合同訓練を実施しており、中国艦はインド艦を追尾していたとみられる。9日に沖縄県・尖閣諸島の接続水域に中国軍艦が入った経緯もあり、政府は中国に「懸念」を伝えた。

海自が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン